株式会社 太陽

〒104-0031 東京都中央区京橋 2-11-9
TEL: 03-5524-6066
婦人座像
バクトリア、紀元前3千年紀後期~紀元前2千年紀初期、緑泥岩、石灰石、高さ 5.7 cm

この婦人座像は頭部が白い石灰石、帽子と衣が緑泥岩で作られています。卵型の頭部に目は目立たず、高い鼻と口がはっきりしています。顔の下部に残っているパティーナがまるで顎鬚のように見えますが、これは後から付着したもので、故意の効果ではないのにマスキュリンな印象を与えます。頭上にはターバンのような帽子を被っています。座った姿勢で、胴体と足を覆っている毛皮の衣は簡単な横線と歯状の線から成る幾何学的で極めて様式化された表現方法で表されています。類例との比較を以て、前方に棚上に出っ張っている膝の部分に且つては顔と同様の材質で作られた手が置いてあったと思われます。
このような婦人像は座像が殆どですが、立像も知られています。手のないより簡単な像もありますし、上半身と下半身が二つの部分から組み立てられているものもあります。別々に作られたパーツは紛失や欠損によって不揃いになり易いです。横座りで側面に脚があった像も知られています。衣の羊毛のパターンにもバライエティがあって、頭飾りも髪型が様々で、ベールや帽子など色々と形の異なるものがあります。一つのジャンルの中でそれぞれ表情が違って、多様性で作家たちの創造力の豊かさを裏付けています。
この座像は、マルギアナ・エラム・メソポタミアから出土した一連の婦人像と多くの共通する要素を持ち、イランから西アジアを経て中央アジアにまで及んだ地域に栄えた文化の流れに位置しています。この作品同様の彫刻以外のイメージは、銀器や印章に刻まれた類似した姿が知られており、表された女性は女神だと解釈されています。この作品の女性も神聖な存在、女神かあるいは女神に使われる神官を表していると思われます。
←戻る

© Copyright 2021 TAIYO LTD. All Rights Reserved